年齢別医師年収(勤務医)の統計データ | ドクターズナビ

医師転職支援サイト比較の決定版

オススメ転職支援サイト

×

は必ずやってくる。しない転職のために。

来年4月入職なら今からの転職活動を!

年齢別医師年収(勤務医)の統計データ

年齢別医師年収(勤務医)の統計データ

民間病院と大学病院 勤務医の平均年収を比較

大学医局に籍を置き、医局人事で大学病院や関連病院に勤務する医師の平均年収と、医局を出て民間病院に勤務する医師の平均年収統計データを基に考察してみましょう。

平均年収はいずれも当直など時間外手当をはじめとした各種手当を含んだ額面(税引前)の年収を示しています。
これによると、やはり医師の平均年収が高いのは、民間病院に勤務する医師であり、病院長で2,085万円、副院長で1,821万円、医科長(診療部長クラスだろうか)で1,515万円、その他医師で1,168万円程度となっています。

一方、大学病院に勤務する医師の場合は、 教授で900万円、准教授で720万円、講師で630万円、助教で532万円程度となっています。

最先端の医療や研究の環境が整っており、医師人脈の構築や社会的尊敬、名誉といった経済的ベネフィット以外のメリットが大きいのが大学病院(医局)の特長だと考えます。経済的(金銭的)側面のみにフォーカスすると、医師のキャリアにおいて各々ゴールとも言える民間病院の病院長と医学部教授の年収格差は1,100万円ほどにもなります。
(あくまで給与のみの比較で、その他のフリンジベネフィットや講演料などその他の収入はここでは考慮に入れていません)

若手医師の年収比較でも、民間病院1,168万円に対して、大学病院の助教クラスは532万円なので、その差は636万円。年収格差は大きいですよね。

医師はその気になれば外勤アルバイトでも高額の収入を稼ぐ事ができるので、常勤先からの年収が全てではないが、バイトを増やせば、その分、自分の時間を拘束されるのは言うまでも無いと思います。国立病院機構や公立病院に勤務する医師の年収も上表の通りで、都市部の立派な大病院ほど、年収には抑制圧力が掛かる傾向が見て取れます。

名誉と報酬(年収)が逆相関になるという、ある意味歪な構造となっている。著名な大病院には多くの医師が集まる為、需給バランスで医師の年収も決定されるという面があるのだろうと考えます。

医師の年収格差について考察

研究や最先端医療、更には海外臨床・研究留学のチャンスに恵まれる事もあり、優秀な医師人脈が築きやすい点が大きなメリットと言える大学病院(医局)勤務です。有力な大学医局は多くの関連病院を持っており、医局員は自分で就職先を探す必要が無い(就職先に困る事が無い)。

そして関連病院の多くは医療機器や医師、医療スタッフが充実している有力公立・公的病院・有力民間病院であり、勤務先としては申し分の無い施設が多くあります。その一方、自分で勤務先病院を選べないというのが悩ましいところで、僻地の関連病院勤務を命じられたり、忙しさの割に年収が低いと感じるなど不満を抱く医師も多いようです。また、最近は医学博士号を取得しない若手医師が増えているように感じます。

博士号を取るために大学院に通いながら大学病院で働くと、その間はどうしても金銭面での苦労を余儀なくされる訳で、 名よりも実を取る医師が増えているというのも時代の流れであり、今の日本の経済情勢を敏感に感じ取っての行動なのだろうと考えます。

博士号を取るよりも、医師としてのスキルに自信が持てるようになったら医局を出て、 高い年収と相応のポストやポジションで迎えてくれる病院へ転じていく医師が昔と比べて増えている事は事実だと思います。

家族構成や生活レベルによって一概には言えないが、常勤先(主たる勤務先)の年収にアルバイト先からの給与を加えた総年収で1,600万円以上くらいになると、年収に関しては概ね不満は無いという医師が多いように感じるというのが印象です。
生活レベルや家族構成によっては、もっと多額の年収を稼ぐ必要がある医師も少なくないです。

例えば子息の学費(私立中高一貫校、医学部進学など)や住宅ローンなどを抱える医師も多く、 そういった場合で、常勤先(主たる勤務先)の年収が2,000万円~、それにプラスしてアルバイトからの収入で2,500万円~3,000万円以上を稼ぐ医師もいる事だと思います。 どういうキャリアプランを選ぼうとも、多くの人々に直接・関節を問わず貢献するような良い医師には経済的にもある程度は成功してもらいたいものです

キャリアアップや年収アップを希望する方にオススメの転職支援サイトは次の4サイト!

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

医師転職支援サービス

マイナビDOCTOR